子供を望んでいる夫婦のために|不妊治療ができる病院

女性と乳児
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい生命とともに

妊婦

妊娠中の食事には気を遣わなければなりません。鉄分やカルシウムをとるような食事が好ましいですが、足りないと感じる場合は、医師に相談してサプリメント等を処方してもらうことも大切です。赤ちゃんの成長と母親の体力作りのために、和食を中心とした食事が一番向いています。

もっと読む

日頃から意識する

看護師

妊婦はカルシウム、ミネラル、たんぱく質の3つの栄養素を摂取することが大切なことです。これは妊婦だけでなく胎児の発育も効果的です。くれぐれも糖分の過剰摂取は控えるようにします。主食ではなくおかず中心の食事が良いです。

もっと読む

普段の2倍必要です

赤ちゃんとウーマン

妊婦に最も必要な栄養素として、カルシウムが挙げられます。お母さんと赤ちゃん歯や骨を守るためにしっかりと摂取していきましょう。小魚類や小松菜、さらに大豆製品がおすすめです。

もっと読む

治療にかかる時間とは

先生

少しでも時間短縮するには

不妊治療のために病院に通うとなると、必要になってくるものの一つが、通院のための時間の確保です。まず、病院まで自宅や会社から通うことになった時の時間を確保しなければなりません。そして、会社から通院する場合には、会社の中で時間の融通をしてもらうことも時として必要になりますので、同僚や上司との時間の調整をしておきましょう。そして、病院についてからは不妊治療を行うまでの待ち時間が発生します。どの時間に関しても、絶対に必要なものでもあり、またそれをうまく調整することがとても大切であると覚えておきましょう。少しでもうまく調節をするために、事前に計画を立てておくことが重要となります。自宅や会社から近い病院を選び、仕事の進め方や上司とのやり取りの確認を密にするなどの対策を行いましょう。

治療の進め方を知ろう

不妊治療を行うために、日常生活の時間的配分や予測を行うことの重要性を述べましたが、実際に治療を行う中では、自分が予測していたよりも治療時間がかかったりする場合も想定できます。治療に関して自分の想定から予測が逸れてしまうと、不安になったりすることも出てくるかもしれません。すべて自分自身だけで予測して計画を立てるのはかなり大変でしょう。しっかりと病院の医師と不妊治療の進め方について話をする時間を持つようにしましょう。また不妊治療を進めるにあたって金額の面でも相談をするのであれば、詳しく教えてもらえる看護師さんなどに話をしてみましょう。時間ですべてが区切れるものではないのが不妊治療です。しっかりと色々な側面から治療について知り、柔軟に考えることも大切になります。